タバコ喫煙習慣はアフターピル服用で血栓ができる?

アフターピルは、セックスをする時に最初から避妊しなかったり、避妊していたけれど途中でコンドームが外れたり破れたりして、避妊に失敗した時に、妊娠を緊急回避するために緊急避妊薬です。

場合によっては中用量ピルとも呼ばれ、アフターピルを服用することで女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが体内に大量に入ることで体を強制的に妊娠した状態にして、生理を起こさせる薬です。

大量に女性ホルモンが入ってくるため、吐き気や頭痛、胸の張りなど、女性の体に負担がかかるもので、飽くまでどうしようもできない場合の最終手段として使用される薬です。

ただ、このアフターピルは、タバコを吸っている女性には使用できません。
もしアフターピルを服用する必要があるのなら、直ちに禁煙するしかありません。

ピルの服用は、血管の中に血の塊である血栓を作りやすくなる副作用があります。

ピルの服用だけなら、血栓ができるリスクもそんなに大げさなものではないのですが、それにタバコによる喫煙が加わると、血管内で血栓がつまり、心筋梗塞などの疾患を起こしやすくなると言われています。

また、タバコを吸うとビタミンCが破壊されて肌に良くない他、血管を収縮させる作用があるため、髪や毛根に栄養や酸素が行き渡らず、抜け毛や薄毛の原因にもなります。

タバコはストレスの解消などもできますが、返って好きな時に吸えないイライラなどが募り、知らないうちにストレスを溜め込んでいることもあります。

低用量ピルと違い、アフターピルを服用する場合は緊急を要するので、望まない妊娠をしないためにも避妊がちゃんと回避できるまでタバコを吸うのは控えたほうが良いでしょう。

そして、今後はセックスの際には必ず避妊して、アフターピルをなるべく使用しないように気をつけましょう。