アフターピル効果は服用後21日を目安に!正しい使い方

アフターピルの正しい使い方をするときに、妊娠の回避率はとても高いといわれている薬です。人の性行為は子どもをもうけるためだけではなく互いの親密さを増し加える愛情表現にもなります。ですので妊娠を回避するためにコンドームなどの避妊具を使用しますが、外れたり破れたりと思わぬことが起き、避妊に失敗することがあります。さらには、とても残念なことですが性犯罪に巻き込まれることがあり、避妊の手段をとれていなかったということがあります。そのようなときに望まない妊娠を回避するために緊急避妊薬であるアフターピルを服用することができます。使い方は性行為した後の72時間以内に1回目を飲みます。そして1回目飲んだ後の12時間後に2回目の服用をします。アフターピルの服用が早いほど有効成分の効果が高く妊娠を回避できるといわれています。

緊急避妊薬であるアフターピルは、望まない妊娠を回避するために開発されました。アフターピルは性行為をした翌朝に服用するためにモーニングアフターピルとも呼ばれています。服用して妊娠を回避することができたかどうかは気になるところです。アフターピルの服用後に、早い人で数日すると出血がありますが、遅い人で21日以内に出血します。この出血が見られたら、避妊効果が得られたことの証拠となります。逆に21日経過しても出血がない場合は、妊娠の有無を確認しなければなりません。アフターピルでの避妊効果はかなり高いといわれていますが、0.1~0.3%ほどが失敗という報告があります。その失敗のほとんどが正しい使い方をしていないことや飲み忘れが原因といわれています。ですので、服用後21日たっても出血がない場合には妊娠の有無を確かめるようにしましょう。