アフターピルは急いで飲もう!

アフターピルとは性行為でコンドームが破れてしまった、穴が開いていたなど避妊が失敗した場合に飲む緊急避妊薬です。
一般的な避妊のピルには低用量ピルが使用されていますが、アフターピルでは中用量ピルを服用したり、低用量ピルを一度に通常の倍以上摂取するという方法で用いられます。
日本で使用されているアフターピルには2種類あります。
それはヤッペ法とノルレボ錠です。
ヤッペ法とはプラノバール錠というピルを使用する方法です。
プラノバール錠は中用量ピルを用いたもので摂取するホルモン量が多く、副作用が強いのが特徴です。
使用方法は性行為をしてから72時間以内に2錠服用し、そのあと12時間後にまた2錠服用する方法です。
もう一つのノルレボ錠は厚労省が緊急避妊専用の錠剤として許可したピルです。
副作用が少なく錠剤を摂取する量も少ないので飲み忘れがなく良く利用されています。
飲み方は性行為から72時間以内に2錠摂取します。
ただ、アフターピルを摂取しても避妊できる確率は100%ではないので、妊娠を望まないならきちんと避妊することが大切です。
アフターピルを急いで飲もうとするその前に、いくつか気をつけなければいけないことがあります。
それは、他の薬と併用したり、きちんと用量や時間などを守らないといけないということです。
ピルは女性ホルモン剤を摂取するので、沢山量を摂ると副作用もその分おきてしまいます。
お医者さんに言われた量と時間をきちんと守って服用することが大切です。
アフターピル服用後に、生理のような出血があれば避妊に成功しています。
子宮内膜をはがし着床させないようにするために起こるので、アフターピルを服用すればこのような症状がみられます。